MENU

ヘモグロビンa1cを下げるには?

ヘモグロビンa1cは、過去1〜2ヶ月の血糖値の状態がわかる数値。この値を下げるなら継続的な対策が必要になります。運動、食事の両面で改善していきましょう。ハードな運動は続きません。毎日できる有酸素運動、歩く量を増やすなど続けることが大切。

 

食事では糖質の多い食品を控えめにするのはもちろん、葉物野菜など血糖値を下げる食品を摂りましょう。自分で控えられない人、手軽でないと続かないという人はサプリメントを!おすすめ成分は、菊芋や田七人参、ALAです。当サイトでは、これらが手軽に摂れて血糖値コントロールにおすすめのサプリメントをご紹介しています。健診までになんとかしたい方は、ぜひご覧ください。

 

 

前田の菊芋の特徴

菊芋の食物繊維イヌリンが血糖値コントロールに効きます。イヌリンは水溶性食物繊維。腸内の血糖値を下げる善玉菌のエサとなり善玉菌を活性化させます。臨床試験でも、3カ月間の継続で良い結果がでています。無農薬有機栽培のドイツ産菊芋を瞬間冷凍し粉末化して使用。飲みやすさを考えて、顆粒と粒の2種が用意されています。1日めやす、顆粒なら2包、粒なら15粒。今だけ人数限定でお得なお試しあり。

価格 9,600円
評価 評価5
備考 顆粒と粒の2種 1日めやす顆粒2包 粒15粒

 

 

アラプラス 糖ダウンの特徴

ALAが糖を燃焼を助けることで血糖値をコントロールします。腸内で吸収された糖の燃焼をALAが助けることで、血糖値を上昇を抑えます。臨床試験でも、食後血糖値の上昇を緩やかにすることが明らかになっています。もともとALAは体内で作られますが、年齢やストレスで減少。1日1カプセルで、15rのALAが摂れます。機能性表示食品。

価格 4,900円
評価 評価4
備考 1日1カプセル ALA15r

 

 

白井田七の特徴

田七人参で血糖値下げてヘモグロビンa1cも改善へ。つなぎの有機玄米を加えただけの丸ごと田七人参サプリメントです。しかも有機JAS認定のオーガニック100%。田七人参には血糖値を下げるパナキサトリオールという成分が含まれています。これが糖の代謝を改善して血糖値を下げてくれます。1日めやす4粒。お得な毎月お届け便が便利です。

価格 3,980円
評価 評価3
備考 1日めやす4粒

 

 

過去1〜2ヶ月にわたる血糖値の状態がわかる、ヘモグロビンa1c。昨日や今日の血糖値の状態だけではなく、ある程度の期間にわたっての状態がわかるため、糖尿病の診断がより正確になってきます。

 

また、ヘモグロビンa1cが高いとなったら、この数値を下げれば状況が良くなってくるともいえます。ここでは、ヘモグロビンa1cの数値を下げるためにできることについて、お話しましょう。

 

食生活の改善

 

糖尿病とは、血液中にブドウ糖が増え過ぎてしまう状態になる病気です。ブドウ糖はエネルギーの素とはいえ、摂り過ぎれば不要物になってしまいます。すぐに排出されればよいものの、血液中のヘモグロビンとブドウ糖は結びつきやすく、一度結びつくと離れなくなってしまうのがネック。

 

要するに、ブドウ糖を過剰に摂取し続けると、いつ糖尿病になってもおかしくないということです。現代の食生活では、あまりにも糖分を摂り過ぎている人がたくさんいます。意識していなくても、糖度の高い食べ物、甘みが多くついたおかず、パスタやご飯などを毎食のように不自由なく摂取できる人が増えて、健康に見える人でも糖分を摂り過ぎていることが多いのです。

 

そのまま年齢を重ねていけば、基礎代謝が低下するに従って摂取したブドウ糖がエネルギーになる率も下がってきます。するとヘモグロビンa1cの数値が上昇するようなことになりかねませんから、食生活では炭水化物を含む糖質を控えることをおすすめします。血糖値を低下させるのに役立つ成分を配合したサプリメントもありますから、利用してみるのも一つの方法です。

 

適度な運動を取り入れる

 

日常生活で、体をあまり動かさない人も増えてきました。体を動かしてエネルギーを燃焼させなければ、摂取したブドウ糖はどんどん不要物として血液中にたまってしまいます。これを防ぐには、なるべく体を動かすようにするのが一番です。スポーツというほどの運動ではなくても、通勤で1駅余分に歩いてみる、エスカレーターやエレベーターは使わずに階段を使うなども良い運動になります。

 

ヘモグロビンa1cを下げる食事レシピや注意したい食べ物

 

ヘモグロビンa1cの数値を下げれば、糖尿病になるリスクを防げたり、既に治療が始まっている人も効果が出てきたと判断できます。しかし、ヘモグロビンa1cを下げるためには、どんな食事をとればよいのでしょうか?ここでは、ヘモグロビンa1cを下げる食事のレシピやリスクの高い食品についてお話します。

 

糖分の多い食品を控えめにする

 

単純に考えれば、ヘモグロビンa1cを下げるためにはブドウ糖が多く含まれた食品を控えればよいといえます。しかし、ブドウ糖が多く含まれる食品を控えるのが良いというと、極端に炭水化物を抜いた食事を習慣にしようとする人も出てきます。

 

ブドウ糖は最低限は必要な栄養で、脳にはブドウ糖が唯一のエネルギー源だといいます。完全に炭水化物抜きを実行してしまえば、糖尿病を防ぐどころか健康に害が出てしまう可能性があります。あくまでも、炭水化物を摂り過ぎないのが目安。

 

甘いお菓子やフルーツを頻繁に食べていた人は、数日に1回程度量を決めて食べるなどの工夫が功を奏します。白米やパスタ、白パンなども、量を限定して食べれば栄養のバランスをとりやすいでしょう。

 

血糖値を下げる食品を取り入れる

 

食品の中には、血糖値を下げてくれる作用を持つものもあります。例えば、野菜類では、ほうれん草やレタス、春菊などの葉物野菜が挙げられます。きのこ類も、積極的に食べるとよいでしょう。大豆やグリーンピースなどの豆類も、血糖値を下げてくれるといいます。魚介類では、青魚やタコ、イカ、牡蠣などがおすすめです。

 

ただし、これらの食品だけを重点的に食べればよいというわけでもありません。あくまでも、血糖値を下げる作用を持つ食品を積極的に取り入れながら、栄養バランスの良い献立を作ることが大切です。

 

ヘモグロビンa1cを下げる運動は何が良い?また効果は?

 

ヘモグロビンa1cの数値が高いと診断されたら、つまりは過去1〜2ヶ月の血糖値が高い状態が続いているということです。継続的に血糖値が高い状態が続いているのですから、にわかに運動をしたところですぐには効果が出にくいかもしれません。そこでここでは、どんな運動がヘモグロビンa1cを下げるのに効果的かについて、お話しましょう。

 

継続しやすい運動

 

ヘモグロビンa1cを下げるためには、短くとも1〜2ヶ月程度は血糖値を健康的な状態にする必要があります。もちろん、1〜2ヶ月で努力を止めてしまえば、一度下がったヘモグロビンa1cがまた上がってしまうこともあるでしょう。

 

つまり、ヘモグロビンa1cを下げ続けるためには、運動を続けていくことが必要なのです。裏を返せば、長期間にわたって続けていける運動を選ぶことが大切です。運動するぞ!と張り切っても、三日坊主になってしまうような運動では意味がありません。毎日続けていけるような運動は何だろうと考えて、自分なりに続けていけそうなものを選ぶべきです。

 

有酸素運動がおすすめ

 

比較的、エネルギー効率が良く、万人に取り組みやすい運動として有酸素運動があります。ジョギングやテニス、水泳なども有酸素運動の一種ですが、それではハードだという方はウォーキングでもOKです。また、ヨガのような、一見動きの少ない運動も、酸素をたくさん取り入れるため有酸素運動となります。通勤で歩く距離を増やせるなら、わざわざ運動の時間を作らなくても通勤中の徒歩などで有酸素運動をするという手もあります。

 

ヘモグロビンa1cを下げるためにサプリメントを摂ろう

 

食事や運動にも気を遣っているのに、思うようにヘモグロビンa1cを下げることができないという人もいます。目標の数値が高すぎるのか、方法が自分に合っていないかのどちらかでしょう。そんなとき、便利に活用できるのがサプリメントの存在です。ここでは、ヘモグロビンa1cを下げるのに役立つ成分を含んだサプリメントについて紹介しましょう。

 

ヘモグロビンa1cを下げるのに役立つサプリの種類

 

ヘモグロビンa1cを下げるサプリなんてあるの?と思うかもしれませんが、一般的な食品にも血糖値を下げる作用を持つものがあるのをご存じでしょうか。

 

代表的なところで、ほうれん草やレタス、大豆などが挙げられます。こうした食品には、血糖値を下げるだけの成分が含まれているのです。同じように、ヘモグロビンa1cを下げるといわれるサプリメントにも、有用な成分が配合されています。

 

例えば、田七人参や菊芋、ALA。ピニトールなどが最近注目されているサプリメントの成分です。ただし、これらの食品は簡単にスーパーやコンビニで手に入るものでもありません。そこで、サプリメントとして加工された製品が重宝されているのです。成分が凝縮された状態になっているのも、メリットの一つです。

 

自然由来なので安全性が高い

 

もう一つ、ヘモグロビンa1cを下げるためにサプリメントがおすすめなのは、自然由来の成分だからです。糖尿病の治療には薬物的な方法もありますが、医薬品は化学成分ですから副作用が出るリスクがあります。

 

健康になるために治療をしているのに、副作用に悩むのは困りますね。その点、サプリメントならもともとは食品やハーブが原料ですから、副作用の心配は限りなく少ないというわけです。

 

ヘモグロビンa1cが高い状態の放置は危ない

 

ヘモグロビンA1cの数値は、過去1〜2ヶ月の血糖値の状態の平均です。しばらく血糖値が高い人ならヘモグロビンA1cが高くなりますし、少なくとも1〜2ヶ月は血糖値が低いままの人ならヘモグロビンA1cも低く出てきます。

 

では、ヘモグロビンA1cが高い状態を放っておくとどうなるのでしょうか?ここでは、ヘモグロビンA1cの高い数値を放っておいたときのリスクについて、お話しましょう。

 

ヘモグロビンA1c6.5%以上は糖尿病?

 

おおよその目安で、ヘモグロビンA1cが6.5%以上と出た人は糖尿病の可能性が高いと診断されるといいます。正常な範囲は5.4%未満で、5.4%〜6.4%の数値もやや心配な数値です。

 

実際には、血糖値と合わせて診断される糖尿病の状態ですが、糖尿病の危険があるだけでなく、既に糖尿病の治療を始めている人にとってもヘモグロビンA1cが高いのは厄介です。ヘモグロビンA1cの数値は、糖尿病の治療が上手くいっているかどうかの目安にもなるのです。

 

高いヘモグロビンA1cを放置すると

 

ヘモグロビンA1cの数値が高いのにそのままの状態にしておくと、合併症の危険が出てきます。糖尿病と診断された人にとって、合併症の言葉が一番恐ろしいのではないでしょうか。糖尿病自体は、完治しないとはいわれていてもうまくコントロールすれば生死に関わるほどのことはありません。

 

しかし、合併症を併発してしまうと話は別です。ヘモグロビンA1cが高い状態が続いてしまえば、糖尿病の合併症を患う可能性が高くなってくるのです。今は糖尿病ではない人でも、リスクが高いことを重く受け止めたほうがよいでしょう。特に、ヘモグロビンA1cが8%以上の状態が続くと、合併症の危険性が高くなるといわれています。