MENU

ヘモグロビンa1cを下げるALAとは

 

 

ヘモグロビンa1cの数値を下げると注目されている成分にもいろいろありますが、ALAもその一つ。希少価値の高い成分とされてきましたが、現在では発酵法によって合成が可能になって注目されています。ここではヘモグロビンa1cを下げるのに役立つとされるALAについてお話しましょう。

 

ALAとは

 

ALAとは5-アミノレブリン酸という物質です。地球上に生命が生まれたときにもALAが関係しているといわれるほど、生物にとって貴重な成分です。いわば生命の根源ともいうべき存在で、人間をはじめ植物や動物のあらゆる生命体に存在しているといいます。

 

ただしALAは加齢や生活習慣などによって減少してしまうのが残念なところ。他にも似たような物質が体内に存在し、健康を維持していますが、ALAも減少のままにしておけば健康を害したり生命を危うくさせかねないのです。

 

ALAが含まれる食品

 

何となくALAの特徴が分かったところで、気になるのはALAを増やしていけるのかどうかというところでしょう。ALAは光合成のために必要なクロロフィル(葉緑素)の生産をも支えています。ということは植物からALAを摂取する方法がありそうです。でももっと身近なところにもALAは含まれているといいます。

 

例えば、ニンジンやピーマンなどの緑黄色野菜にもALAは含まれているといいますから、食事の栄養をしっかり考えていれば問題なく摂取できそうですね。また日本の伝統的な発酵飲料である甘酒にも微量ながらALAが含まれているといわれています。

 

意外に身近なところにあるALAですが、効率よく必要な量を摂取するには、サプリメントを活用するのも良い手です。ヘモグロビンa1cを下げるためにも役立つのではないかといわれていますから、検討してみてはいかがでしょうか。