MENU

田七人参は何故ヘモグロビンa1cを下げることができるのか?

 

 

ヘモグロビンa1cを下げると期待されている食品の一つに、田七人参があります。健康に関する作用に期待される人参というと、高麗人参が思い浮かびませんか?田七人参は高麗人参以上の栄養を含んでいるとされる植物です。

 

高麗人参とは別物ですから、ヘモグロビンa1cを気にしている方は田七人参を試してみる価値がありそうですね。ここでは、なぜ田七人参がヘモグロビンa1cを下げることができるのかについてお話しましょう。

 

古くから用いられてきた薬用人参

 

田七人参は中国でも漢方の一種として珍重されてきた植物です。一度栽培・収穫すると、同じ畑では何年も植物が育たないとされるほど、大地の栄養を吸い尽してしまう栄養価の高さが特徴です。

 

高麗人参も栄養価が高い植物として貴重とされてきましたが、田七人参は高麗人参以上。貴重さも高麗人参を上回りますが、それより何より普通には調理しにくいというのが一般には普及しにくい理由でした。

 

漢方では、田七人参は血液循環障害や消炎、痛み止めなどにも役立つとされています。血糖値をコントロールする作用があるのではないかと考えられるようになったのは最近のこと。

 

いかに現代に糖尿病や糖尿病予備軍の人が多いかが窺えます。高麗人参と比べてもサポニンが7倍、ビタミンB1や鉄が2倍多く含まれているなどの特徴がある田七人参には期待が持てそうです。

 

糖尿病対策に期待される田七人参

 

特にヘモグロビンa1cを下げる作用が期待されるようになったのは、田七人参に含まれるサポニンと田七ケトンという特有成分に関係しています。サポニンにはインスリン同様の血糖値コントロール作用があるとされ、田七ケトンには中性脂肪やコレステロールを減少し、利尿作用で腎臓の負担を軽減する働きがあるといいます。

 

どちらも糖尿病の対策に役立つ作用で、田七人参をサプリメントとして摂取しやすくした製品に人気が集まっています。