MENU

ヘモグロビンa1cが高いのは睡眠障害のせい?

 

 

最近の研究で、睡眠をしっかりとっている人のほうがヘモグロビンa1cを下げる改善がしやすいのではないかという説があります。睡眠は、健康や美容の源として質を良くするようにとよくいわれます。寝るだけで糖尿病のリスクを改善できるなら、これほど楽なことはありませんよね。そこでここでは、ヘモグロビンa1cと睡眠の関係についてお話しましょう。

 

不眠の人はヘモグロビンa1cが上がりやすい?

 

睡眠の質を改善するとヘモグロビンa1cが下がりやすいのではないかといわれているのは、不眠の人に血糖値が高い人や糖尿病の人が多いという事実が関係しているようです。寝ている間には各種ホルモン類がよく分泌されるといいますし、全身の各部位が機能を調整する時間だともいいます。

 

そういったことが関係して、血糖値をコントロールする機能に影響を与えている可能性もあります。現代人の糖尿病には肥満を主な原因とするU型糖尿病が多いともされていますが、睡眠障害は基礎代謝を低下させてしまうため、余計にブドウ糖を燃焼させ切らないままに血液中に残してしまう率も高まるでしょう。

 

ヘモグロビンa1cが高い人、よく寝ていないという自覚がある人は、睡眠を改善することでヘモグロビンa1cの改善を目指してみるといいかもしれません。

 

現代人に増えている睡眠障害

 

現代人は、ストレスが多大で幅広い年齢層に睡眠障害が現れているといいます。眠らないくらいどうってことないと思う人もいるかもしれませんが、とんでもない考えです。

 

眠ることによって体は健康に機能するようになり、逆に眠らないことで健康を害してしまうリスクが高まります。眠らないことで時間が増えたなどと思う人は、中長期間睡眠時間を減らすことによって健康を害して働けなくなったり遊べなくなることを考えてみてください。ストレスは寝て吹き飛ばそうと思うくらいの気持ちで、よく寝てヘモグロビンa1cの数値改善を目指しましょう。