MENU

ヘモグロビンa1cが高い場合の自覚症状

 

 

糖尿病になるかもしれない…と不安を感じ始めるのは、だいたい健康診断で糖尿病のリスクを警告されてからです。ただし、ほとんどの人がヘモグロビンa1cや血糖値の高さを指摘されても、自分に限ってと思うことでしょう。

 

その理由は血糖値が高くても自覚症状を感じにくいからです。ここではヘモグロビンa1cが高いときの自覚症状についてお話しましょう。

 

糖尿病の初期症状

 

ヘモグロビンa1cが高いと診断されて糖尿病の疑いがあるといわれても、そういえば…と心当たりを感じる人とそうでない人とがいます。多少なりとも自覚症状を感じている人は、糖尿病がある程度進行してしまっている可能性が高いでしょう。というのも、糖尿病では初期症状を自覚しにくいからです。

 

例えば、糖尿病の症状として、口の渇きや水分をゴクゴク飲んでしまう、尿の量が多くなる、急激に痩せる、どんなに食べても空腹感を感じる、疲労しやすい、吹き出物などができやすい、傷が化膿しやすいなどがあります。こうした症状が出ていたり、気付くときにはもう糖尿病は進行していると考えられます。

 

糖尿病は一度なってしまうと後戻りが出来ませんから、進行を食い止める努力をするしかないのです。自分の体の訴えには敏感になると共に、ヘモグロビンa1cが上がるような生活は改善するようにしたほうがよいでしょう。

 

普段の生活を振り返る

 

自覚症状に乏しい糖尿病の初期ですが、中には病気が中期に進んでいても症状に気付かない人もいます。ただ症状に気付かなくとも、日常生活を振り返ってみれば食事や生活習慣を乱していることに気付く可能性は大。自発的に健康的な生活を心がけるようにして、ヘモグロビンa1cの改善に努めましょう。