MENU

ヘモグロビンa1cとストレスの関係

 

 

食事や生活習慣を見直すことがヘモグロビンa1cの数値を改善する対策法の一つだといわれますが、中にはそれでも数値が下がりにくいという人がいます。原因はストレスにあるかもしれません。ここでは、ヘモグロビンa1cとストレスとの関係についてお話しましょう。

 

過度のストレスで血糖値が上昇

 

食事をすると血糖値が一時的に上がることは知られていますが、激しいストレスを感じたときにも血糖値が上昇するのをご存じでしょうか。
ストレスがかかると血糖値が上がる仕組みは、脳内の視床下部で交感神経中枢が刺激されると膵臓からグルコガンという物質が出やすくなることから始まります。グルコガンは副腎を刺激して、アドレナリンの分泌を高めます。

 

すると肝臓内にあったグリコーゲンが分解されて、血液中に流れていきます。そのため血糖値が高くなってしまうのです。一時的なことならまだいいものの、慢性的にストレスを感じているような人は常に血糖値が高い状態になっているかもしれません。すると食事も運動も気を付けているのにヘモグロビンa1cが高くなってしまったということもあるのです。

 

健康的な生活でストレスを緩和

 

ストレスをため込まないように、あまり気に病まないようにともいわれますが、ストレスを感じやすい人にとってこれは難しいことでしょう。だからといってあきらめるのも問題ですが、ストレスは生活を改善することでも緩和されていきます。

 

例えば、食事の栄養に気を付けたり、睡眠の質を見直してみたりすることでも少しずつ疲れがとれていくものです。一日に一度は入浴タイムをゆっくりとったり、好きなことをする時間を見つける、無理せずこまめに休憩するといったことも効果的です。

 

ストレスをためないようにすることがプレッシャーになってはいけませんが、疲れたら休むという習慣をつけておけば、だいぶ楽になるはずです。