MENU

ヘモグロビンa1cの数値を調べる検査を受ける方法

 

 

血糖値の状態を知る判断材料として、血糖値の他にヘモグロビンa1cの測定も行われるのが一般的になりました。中には血糖値の家庭用測定器を使っている方もいるかもしれませんが、心配な方は定期的にヘモグロビンa1cの検査も行ってみることをおすすめします。ここではヘモグロビンa1cの検査を受ける方法についてお話しましょう。

 

健康診断には必ずしも含まれていない

 

ヘモグロビンa1cの測定は、職場の健康診断など一般的な健康診断での血液検査には含まれていないこともあります。従業員の健康により細やかに配慮している職場なら含まれているかもしれませんが、まだヘモグロビンa1cの測定が絶対条件とまではいっていないのです。

 

60歳以上の人が受ける特定健康診断ですら血糖値の測定しかないということは、糖尿病の診断が見落とされる可能性はまだまだ高いと考えられます。血糖値の数値が良かったからといって、それは空腹状態で検査を受けたからというだけに過ぎないかもしれません。これまでのように血糖値だけを測定する検査を受けているのでは、安心できないのです。

 

ヘモグロビンa1cの検査とは

 

ヘモグロビンa1cの検査では、赤血球中のブドウ糖の量を測定します。これにより過去1〜2ヶ月の血糖の状態がわかるのです。

 

なぜなら赤血球の寿命は4ヶ月ほどで、その中のヘモグロビンはここ1〜2ヶ月のものが大半だから。ブドウ糖はヘモグロビンと結びつきやすいため、赤血球内のブドウ糖の量を測定すれば血糖がどのくらいの期間高いか低いかが分かります。

 

もちろん血糖値の測定が必要ないというわけではありませんが、さっき食べたものでも左右されてしまう血糖値だけでは糖尿病とは診断しづいらいのが現実です。血液検査を受けるときには、血糖値にプラスしてヘモグロビンa1cの検査も受けてみてはいかがでしょうか。